チャート下敷きインジケータ MS_ChartPadFree

MS_ChartPadFree はMT4で動作する無料のインジケータです。

MS_ChartPad

1.機能


チャートに下敷きを置いたようにしてローソク足を隠すことができます。

実際は長方形オブジェクトを描画しているだけですが、以降「下敷き」と表現します。

以下、下敷きの機能です。

1.1 下敷きの表示ON/OFF


キー操作で下敷き表示のON/OFFができます。

1.2 ステップ移動


キー操作で下敷きの左端をローソク足1本分左右にステップ移動できます。

1.3 ステップ移動時の他チャートとの同期(無料版は制限あり)


ステップ移動の際に、他チャートと同期できます。
※有料版は全ての通貨ペアが同期しますが、無料版は通貨ペアが EURGBP のみ同期します。

1.4 下敷き左のローソク足情報表示


下敷き左に見えるローソク足の各種情報を表示します。

1.5 下敷き左のローソク足上下位置への矢印表示


下敷き左に見えるローソク足の上下に矢印テキストを表示できます。

1.6 自動ステップ移動(有料版のみ)


下敷き、または背景を、自動的に一定時間間隔でステップ移動できます。
※この機能は有料版のみ有効です。無料版は動作対象外です。

2.ダウンロード


本インジケータは無料です。

ダウンロードURLは↓をクリックすると表示されます。

3.操作方法


本インジケータの各機能は、キー操作により実行されます。

3.1 インジケータの登録


操作したいチャートと同期させたいチャートの全てに本インジケータを登録します。

既にVer2.00以前の旧版(MS_ChartPad)がチャートに登録されている場合は、本インジケータ(MS_ChartPadFree)を登録する前にチャートから旧版を削除してください。

3.2 キー操作一覧


初期状態のキー割当です。太字はパラメータで変更可能です。

・[ U ]:下敷き表示のON/OFF(操作チャートのみ)
・[ SHIFT ] + [ U ]:下敷き表示のON/OFF(全チャート同時)

・[ Y ]:下敷きの左端をホームポジションに移動(操作チャートのみ)
・[ SHIFT ] + [ Y ]:下敷きの左端をホームポジションに移動(全チャート同時)

・[ I ]:情報表示のON/OFF(操作チャートのみ)
・[ SHIFT ] + [ I ]:情報表示のON/OFF(全チャート同時)

・[ X ]:下敷き左のローソク足上下への矢印キー表示(押す毎に上下と変化)

・[ Scroll Lock ]:他チャートとの同期動作の有効・無効切り替え

・[ T ]:ステップ移動状態の切り替え(下敷き移動と背景移動の切り替え)

 ステップ状態が下敷き移動の場合
 ・[ < ]:下敷き左端をローソク足1本分左に移動
 ・[ > ]:下敷き左端をローソク足1本分右に移動
 ・[ SHIFT ] + [ < ]:下敷き左端をチャートの左端近辺へ移動
 ・[ SHIFT ] + [ > ]:下敷き左端をチャートの右端近辺へ移動

 ステップ状態が背景移動の場合
 ・[ < ]:背景をローソク足1本分左に移動(F12キーと同様)
 ・[ > ]:背景をローソク足1本分右に移動(SHIFT+F12キーと同様)
 ・[ SHIFT ] + [ < ]:背景をローソク足履歴の最も古い位置へ移動(HOMEキーと同様)
 ・[ SHIFT ] + [ > ]:背景を最新位置へ移動(ENDキーと同様)

・[ Z ]:自動移動のスタート・ストップ(有料版のみ)
・[ P ]:自動移動の速度変更(有料版のみ)

3.3 他チャートとの同期方法


ステップ移動と自動ステップ移動は、他チャートとの同期が可能です。

同期動作は、[ Scroll Lock ] 状態で有効になります。
同期動作が有効の場合は、情報表示項目が表示状態であれば [ SYNC ] と表示されます。

他チャートの同期位置は、操作チャートの下敷き左のローソク足の開始時間ではありません。
操作チャートの下敷き左のローソク足の右のローソク足の開始時間を基準としています。

※ステップ移動の同期機能は、無料版では EURGBP のみ動作します。
 また、無料版は自動ステップ移動機能は非対応であり、動作はしません。

4.表示内容


下敷き左のローソク足情報等がチャート上に表示されます。
これらの情報は表示ON/OFFが可能です。

MS_ChartPad

表示内容です。

[ MASTER ] 操作チャート情報
操作しているチャートの場合に表示されます。
末尾の表示が「SL」の場合は下敷き移動状態、「BC」の場合は背景移動状態です。

下敷き移動状態とは、ステップ移動時に下敷きが左右に移動する状態です。
背景移動状態とは、下敷き位置は固定で[F12]と[SHIFT+F12]キーと同じ動作になります。

[ SYNC ] 他チャートとの同期動作識別状態
ステップ移動と自動ステップ移動時に、この表示がある場合は他チャートと同期動作します。

同期するチャート側で、チャート履歴範囲外の場合は [ SYNC PAUSE ]と表示されます。

[ SHIFT : 512 ] ローソク足本数
最新足を0本目とした、下敷き左のローソク足の本数です。

[ -12.3, 0.3, -9.2, 2.8 ] ローソク足情報
下敷き左のローソク足の全長, 上髭長, 本体長, 下髭長がpips単位で表示されます。
最新ローソク足の場合には先頭に「」マークが付加されます。

[ H1, USDJPY ] チャート情報
チャートの時間足と通貨ペア名です。

[ Tue 18.08.14 08:00 ] ローソク足の時間+オフセット時間
下敷き左のローソク足の時間にオフセット時間を加算した値が表示されます。
オフセット時間の調整で、日本時間として表示させる事もできます。

[ 18.08.14 02:00 ] ローソク足の時間
下敷き左のローソク足の時間がそのまま表示されます。

※時間表示は2つありますが、曜日表示がある方がオフセット時間を加算した項目です。

5.設定


ここではパラメータの入力の補足説明となります。

5.1 下敷きの設定


表示ON/OFFキーは [ SHIFT ] との同時押しで、全チャートの下敷き表示が同期します。

5.2 情報表示設定


表示ON/OFFキーは [ SHIFT ] との同時押しで、全チャートの情報表示が同期します。

「ローソク足の時間+オフセット時間」とは、
ローソク足の時間にオフセット時間を加算した値です。
オフセット時間次第では日本時間として表示させる事もできます。
※オフセット時間は、目的に応じて各自で調整してください。
初期設定は+6 時間です。 XMではこの設定で現在(2018.09)は日本時間が表示されます。

5.3 矢印設定


下敷き左に見えるローソク足の上下に表示させる矢印の設定を行います。

キーは押す毎に以下のように変化します。
上矢印表示 → 下矢印表示 → 矢印消去 → 上矢印表示 → ...

6.制限事項


制限事項と特記事項です。

6.1 無料版と有料版の違い


本インジケータは無料ですが、別途有料版も用意しています。

無料版にはいくつか制限があります。

・自動ステップ移動機能
 無料版 : 自動ステップ移動機能は非対応です。
 有料版 : 自動ステップ移動の開始・停止、移動速度の変更、他チャート同期等が可能です。

・ステップ移動時の他チャートとの同期機能
 無料版 : EURGBP のみ同期動作します。
 有料版 : 全ての通貨ペアが同期動作します。

・動作の有効期限
 無料版 : 2018.12.31 まで動作します。
 有料版 : 有効期限の制限はありません。

・その他
 無料版は、パラメータ入力欄から細かな設定項目を省いています。

6.2 他チャートの同期位置


同期動作時の他チャートの同期位置は、操作チャートのローソク足の開始時間ではありません。
操作チャートの下敷き左のローソク足の右のローソク足の開始時間を基準としています。

6.3 下敷きの大きさ変更


下敷きはオブジェクトなので各端はドラッグ移動が可能です。
ただし移動後の上下と右端位置は自動的にチャートの上下と右端位置に補正されます。
左端位置は、チャートの左右両端に近い位置の場合のみ自動的に補正されます。

6.4 オブジェクト描画


下敷き表示状態で水平線等のオブジェクトを描画した場合は、可能な限り下敷きの下に表示されるように処理をしています。
しかし、一般のインジケータとの組み合わせにより下敷きの上に表示される場合があります。
その場合は、一旦下敷きを非表示にして再度表示させれば下敷きが一番上に表示されます。

6.5 オブジェクトのプロパティ操作


下敷きはオブジェクトのプロパティ操作で線種等を変更できますが、一部の項目はインジケータ内部で変更できないようにしてあります。

6.6 他インジケータの動作について


私の提供している他のインジケータで動作に影響があるのは以下の2つです。
MS_CrossLine : MS_CrossLine の同期動作開始と同時に下敷きは非表示になります。
MS_CrossLineMini : 同じく、同期動作開始と同時に下敷きは非表示になります。

7.注意点


・本文中の全チャートとは本インジケータが登録されている全てのチャートのことです。
・本インジケータはひとつのチャートに複数の登録はできません。
・下敷きは複数作成することはできません。下敷きのドラッグコピーはできません。
・本インジケータはDLLを使用します。
  「DLLの使用を許可する」 の設定を有効にしてからご利用ください。
・本インジケータは有効期限前に予告なく公開終了とする場合があります。
・本インジケータの使用により生じたいかなる損害に関して、作成者(MS)は責任を負わないものとします。

8.更新履歴


・Ver3.00 2018.09.08
 - ステップ機能追加
 - 下敷き左のローソク足情報の表示機能追加
 - 下敷き左のローソク足の上下への矢印表示機能追加
 - 他チャートとの同期機能追加 (無料版は制限あり)
 - 自動ステップ機能追加 (有料版のみ)
 - 有効期限設定処理追加 (無料版のみ 2018.12.31 に設定)

・Ver1.10 2017.09.12
 - 下敷きオブジェクトの左端がローソク足の実体に被らないように修正

・Ver1.01 2017.05.30
 - MT5版の公開を終了

・Ver1.00 2016.09.25
 - 公開



スポンサーサイト

theme : FX(外国為替証拠金取引)
genre : 株式・投資・マネー

ZigZag描画インジケータ MS_ZigZag

1.はじめに


MS_ZigZag はMT4で動作する有料のインジケータです。

一般的に ZIGZAG と言えば、自動でラインを描画するイメージを浮かべると思います。
しかし、 本インジケータは ZIGZAGのラインを自動で描画するのではなく、
指定されたテキスト間をラインで結ぶ事を特徴としています。

ZIGZAG_01.jpg

図は既にラインが表示された状態です。

青丸テキストを描画することで、青丸間を赤ラインで自動的に結びます。
同様にオレンジ丸テキストを描画することで、オレンジ丸間を緑ラインで自動的に結びます。

ここで青丸やオレンジ丸の位置を移動させた場合は、ラインは自動的に追従します。

また、青丸やオレンジ丸を増減させた場合も同様にラインは追従します。
更にラインは表示の ON/OFF も可能です。

活用法としては、波の確認やシナリオ作成、更には波引きの練習等を想定しています。


動作イメージは動画をご覧ください。

https://youtu.be/ve7ENpzBWQQ


動画終盤のシナリオは、インジケータの動作をわかりやすくするための操作です。
こんな感じで操作できるのだな、という程度で受け止めてください。


テキストの描画は別途無料で提供している MS_TextStamp を使用しています。
MS_TextStamp はキーとクリックの組み合わせで連続して同じテキストを描画できます。








2.機能


本インジケータの機能です。

・複数の指定テキスト間の自動ライン表示
・指定テキスト追加時の自動ライン追従
・指定テキスト移動時の自動ライン追従
・ライン表示の ON/OFF
・複数チャートのライン表示の同時 ON/OFF
・指定テキストの一括削除

それぞれ詳しく説明していきます。

2-1.複数の指定テキスト間の自動ライン表示



例えば、指定テキストを青丸「図例では◎」とした場合は、それぞれの青丸間が自動的にラインで結ばれます。ラインはチャートに配置される指定テキストの時間順に結ばれます。

ZIGZAG_02.jpg

ただし、インジケータの初期登録時のラインは非表示となります。
表示ON操作が行われるまでラインは表示されません。

ラインが結ばれる条件は、テキストの「色」と「内容」が同じ場合となります。
この場合は「青色」の「◎」テキストと設定してあります。

また、ラインは最大で「4本」まで対応します。(図例は1本です)
尚、サブウィンドウのライン表示には対応していません。

2-2.指定テキスト追加時の自動ライン追従



例えば、複数の青丸がラインで結ばれている場合に、新たに青丸を追加すると自動でラインを増やして青丸を結びます。

このように既に青丸がラインで結ばれている場合を例とします。
ZIGZAG_02.jpg

ここで青丸を2つ増やしました、
すると増やした青丸を取り込み、自動で青丸がラインで結ばれます。
ZIGZAG_03.jpg


2-3.指定テキスト移動時の自動ライン追従



テキストの移動にも対応します。

例えばこの状態で左から 2 番目の青丸テキストを移動させます。
ZIGZAG_02.jpg

すると、ラインは移動した青丸に自動的に追従します。
ZIGZAG_04.jpg


2-4.ライン表示の ON/OFF



ラインは、キー操作により表示の ON/OFF ができます。
ZIGZAG_02.jpg

このように、ラインを非表示にできます。
ZIGZAG_05.jpg

ラインは、キーを押す毎に表示と非表示状態が切り替わります。
ラインの初期状態はOFF(非表示)です。

※指定テキストは表示 ON/OFF の対象外です。(この場合は青丸です)

2-5.複数チャートのライン表示の同時 ON/OFF


ラインの表示 ON/OFF は複数チャートで同時に実行が可能です。

2-6.指定テキストの一括削除


指定テキストは一括で削除することが可能です。 (メインチャートのみ)
例えば、これまでの図例の青丸テキストを一括で削除できます。


3.便利な使い方


使用方法はインジケータ同梱のマニュアルに記載されています。
ここでは便利な使い方を紹介します。

MS_TextStampと連携する



連続でテキスト描画ができる無料のインジケータ MS_TextStamp を公開しています。

MS_ZigZag のテキスト設定値をこの MS_TextStamp の設定値と同じにすることで、テキスト描画と同時に連携してラインが引かれます。
初期設定値は共に連携できるようにしてありますが、好みに応じて変更してください。

ライン幅を太くして帯のようにする



ライン幅はこのように太く設定できます。(黄色もピンクもラインです)
ZIGZAG_08.jpg

ライン幅を太くすることで、異なる大きさの波が視覚的にわかりやすくなると思います。
ラインはそれぞれ表示ON/OFFが可能なので、確認したい波もすぐにわかります。

※これまでの図例の赤線の幅は「4」ですが、この図の黄色線の幅は「150」です。


4.ダウンロード


本インジケータの公開は終了しました。ありがとうございました。


5.更新履歴


・Ver1.00 2017.11.28
 - 公開





theme : FX(外国為替証拠金取引)
genre : 株式・投資・マネー

プロフィール

Author:MS
gmail : ms2000fx

有料インジケータ
[MS_CrossLine]
複数チャートの同期

[MS_TimeZone]
上位のローソク足形状表示

[MS_CrossLineMini]
複数チャートの同期廉価版

[MS_TitleBarInfo]
タイトルバーに情報表示

[MS_FiboAssist]
フィボに価格とpips表示
無料インジケータ
[MS_ChartPadFree]
チャートに下敷き表示
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: