[ 機能追加 ] MS_ChartOperate


MS_ChartOperate にチャート右端シフトの同期機能を追加しました。

バージョンは2.60になります。

複数チャートを使用している場合に便利な機能です。


1.チャートの右端シフトのON/OFF

全チャート同時にチャートの右端シフトをON/OFFする機能です。

キーの押下で実行します。
キーの初期設定は、[ SHIFT ]+[ CTRL ]+[ 6 ]です。

実行は[ SHIFT ]と[ CTRL ]の同時押しとなります。


2.チャートの右端シフト量をシフト比率で同期

全チャート同時にチャートの右端シフト比率を同期させる機能です。

シフト比率はチャートの横幅に対して10%から50%の範囲で変更可能です。
変更はチャート上方の逆三角印をマウスにより移動させることで実現できます。

シフト比率の同期はキーの押下で実行します。
キーの初期設定は、[ SHIFT ]+[ CTRL ]+[ 5 ]です。

実行は[ SHIFT ]と[ CTRL ]の同時押しとなります。

例えば、操作しているチャートのシフト比率が30%の場合は、
全てのチャートのシフト比率を30%に変更できます。


3.チャートの右端シフト量をピクセル数で同期

全チャート同時にチャートの右端シフト量をピクセル単位で同期させる機能です。

シフト量の同期はキーの押下で実行します。
キーの初期設定は、[ SHIFT ]+[ CTRL ]+[ 4 ]です。

実行は[ SHIFT ]と[ CTRL ]の同時押しとなります。

例えば、操作しているチャートのシフト量が50ピクセルの場合は、
全てのチャートのシフト量を50ピクセル近くに変更できます。

ただし、チャートのシフト比率は10%から50%なので、
操作チャート以外のチャートの横幅によっては同期するシフト量が範囲外の場合があります。
その場合は、10%から50%の範囲内に収まるように自動補正します。



ダウンロードは MS_ChartOperate からお願いします。







スポンサーサイト

theme : FX(外国為替証拠金取引)
genre : 株式・投資・マネー

プロフィール

Author:MS
gmail : ms2000fx

有料インジケータ
[MS_CrossLine]
複数チャートの同期

[MS_TimeZone]
上位のローソク足形状表示

[MS_TitleBarInfo]
タイトルバーに情報表示

[MS_FiboAssist]
フィボに価格とpips表示

[MS_GoBandsMA]
MAとパネルの表示ON/OFF

[MS_GoBandsBB]
BBとパネルの表示ON/OFF

[MS_GoBandsMTF]
MTFとパネルの表示ON/OFF

[MS_ChartZapping]
通貨と時間足のザッピング

[MS_ClickChange]
オブジェクト属性の簡単変更

[MS_PanelSymbol]
通貨ペアの一覧パネル表示

[MS_PanelSubwin]
サブウィンドウに情報表示
無料インジケータ
[MS_SubwinHeight]
サブウィンドウの高さ変更

[MS_TextStamp]
テキストスタンプ

[MS_ChartPad]
チャート下敷き

[MS_ChartClick]
ダブルクリックで機能実行

[MS_ChartOperate]
チャート操作お助け

[MS_InfoLabelFree]
情報をラベルに表示

[MS_ObjectHideFree]
オブジェクトの表示ON/OFF
ブログランキング
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: